自分に合ったお仕事は?

風俗ライターの『MAYUMI』です!
風俗のお仕事と一言で言っても、実際には色々なお仕事がありますもんね。いざ『風俗で働こう!』って決めた後も、じゃあどのお店で働くかは非常に大切になってきます。自分にあった風俗の業務を見つける事も重要ですからね。

どこまで許せるかで仕事を決める

まず大切なのは、自分の中での許容範囲を決める事。具体的に言うと、男性の見知らぬお客さんと、どこまで踏み込めるかっていう事。自分が脱ぐのはOKなのか?触られるのはOKなのか?触るのはOKなのか?キスは?性器を口に含むのは?挿入は?ホテルやお客さん宅で二人きりになるのは?それによって、どんな形式のお店で働くのかも変わってきますからね。

風俗店で働くなら、基本的には触る、触られる事は最低条件だと思った方が良いですね。触られないのはキャバクラと、一部のオナクラぐらいです。それ以外のお店は基本的には触られるし、コチラも触らなくてはいけません。

女の子が脱がないで良いお店は、性感マッサージや手コキのお店です。でももちろん、お客さんの事は直接触れて気持よくしてあげなくちゃいけません。お店によってはお触りOKな場合もあるので、注意が必要です。

高い給料を稼ぎたいなら

ファッションヘルスやピンサロ、デリヘルになると、基本的には脱ぐし触るし触られるし、キスもフェラもしなくてはいけません。当然それなりの対価はもらえますが、お金よりも自分がそれを許せるかどうかを第一に考えましょう。お金の為に我慢をしても、長続きはしません。デリヘルの場合はオプションでそれ以上のプレイを設けている場合がありますので、入店時に自分の許容範囲をお店側にしっかり伝えておきましょう。

ソープランドはお風呂に一緒に入って、その後にベッドで最後まで・・・という流れです。風俗の王様と言われるだけあって、男性の支払額も高い、女性のお給料も高いというお店です。当然ながら挿入を繰り返す事はカラダへの負担も大きくなりますので、無理のないように働く事が大切です。

大切なのは自分がどこまでできるかをしっかり見極める事。精神的苦痛を感じながら仕事を続けるのは、本当に良くありません。精神的、肉体的に参ってしまう子だってたくさん居ますからね。ちょっとでもツライと感じたら、プレイのハードルを下げて仕事先を決めるのも大事ですよ。