アリバイ対策について

風俗ライターの『MAYUMI』です!
風俗のお仕事を始めるにあたって誰もが不安になるのは、自分が風俗の仕事をしてる事を、誰かに知られないかどうかという点ですよね。家族や友達には内緒で風俗の仕事をしているという人が、ほとんどじゃないでしょうか。万が一バレたら、大変な事になっちゃいますものね。結婚してる人妻でデリヘルの仕事をしてる人も多いでしょうから、アリバイ対策が万全かどうかもしっかりとチェックしておきたい所です。

風俗の仕事をはじめるにあたって、どこでどう情報が漏れるかは分かりません。お店やホテルに入る所を、誰かに見られてしまうかもしれません。店頭あるいはWEB上で、知り合いに顔を見られてしまうかもしれません。風俗の仕事を始める際には、そうしたリスクがある事も十分に覚えておきましょう。

入店する時に決めておく

最近では入店時に、そうしたアリバイ対策をお店側で十分に考慮してくれるケースが増えています。例えばお店で働く時の名前ですが、本名ではなく源氏名を使用する人がほとんどですものね。ネット上に掲載する写真も、上手に加工して本人だと分からないようにしてくれるケースが増えています。店舗型風俗の場合であれば、お店に入店する時に誰にも見られないようにする為に裏口を使用している店舗や、仕事後はお店側が車で家まで送ってくれる場合も多くなっています。

店舗型の風俗店の場合は、実際にお客さんと二人きりになる前に顔を確認できる所もあります。そうする事で、偶然にも顔見知りの人との遭遇を避ける事ができますからね。でも、ピンサロやデリヘルの場合はそこまでは望めないのが正直な所です。なので、できるだけ地元や知り合いの多い地域での勤務は避けた方が良いですね。私にも経験があるので分かりますが、顔見知りの人と密室に二人きりになるあの空気といったら・・・何とも言えない雰囲気があります(笑)